top of page
  • 執筆者の写真kimikomasuzawa

立派な音をめざして


第19回ジョイントコンサート

2023年2月19日(日)下諏訪総合文化センター小ホール


 前日からの雨が午前中まで続きましたが、コンサートが始まる頃には薄日も差してきました。先週の大雪からはちょっと考えられないくらい暖かめの日でした。

 今年も消毒、マスク、換気などの感染対策をしながらのコンサートでした。どの生徒もこの日を目標に頑張ってきて、緊張しながらもやり切ったという表情でした。やはり、小さなクラスのコンサートですが、このような機会は必要だと感じます。ホールでは、普段の狭いレッスン室での響きと違ってきれいな音で聞こえるので、皆うまくなったような気がしたのではないでしょうか。

さらに、練習を積んだ生徒達の音が、しっかりと楽器を鳴らし、豊かに、また繊細にいろいろな表情で表現できるようになってきたことが嬉しかったです。鈴木鎮一先生が「音を立派に」とさかんにおっしゃっていましたが、一朝一夕にはできません。毎日、復習の曲と宿題の曲をコツコツ練習してきてようやくできるようになる、このたゆまぬ努力こそが立派な音につながる、その事を生徒達にも是非わかってほしいと感じました。


写真は、2台ピアノの演奏と、独奏のプログラムの後、ピアノとヴァイオリン一緒に演奏した2曲

 





閲覧数:160回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page